メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 小説家の飯嶋和一さんにお目にかかった。昨年刊行された「星夜航行」は長篠の合戦から、その背景にある大航海時代、東南アジア貿易、秀吉の朝鮮侵略とその失敗、江戸時代の朝鮮使節までを書いた力作で、私が「江戸時代の存在理由」としてよく講演で話をする、そのころを描いた作品なのである。戦争の無意味と悲惨、支配される側の視点を欠いた学問のむなしさなど、徹底的に弱い者の側に立つ作品を書き続ける作家だ。

 私はこの朝鮮侵略と1910年の日韓併合は、江戸時代の朝鮮通信使を挟んでいるだけに、全く異なる出来事…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです