メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
松尾羊一のめでぃあ亭

“子供リアル”に徹した描写力

 隠居 ふと目に留まった2時間近い時代劇を身じろぎもせずに見つめていた。BSフジ「小さな橋で」(10日放送)だ。

 家主 原作は藤沢周平の短編集「橋ものがたり」だ。

 隠居 藤沢といえば、隠居暮らしの平穏な日々を送っている浪人がお家騒動に巻きこまれる(「三屋清左衛門残日録」)のように、後半のダイナミックな意外な展開が藤沢文学の特色。ファンには、そこがたまらない。

 家主 ところが「小さな橋で」は子供たちの目の高さで描かれた時代劇で、子役にこまっちゃくれたお芝居を…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文832文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. 野口が日本勢トップの2位 五輪代表内定 クライミング世界選手権複合

  4. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  5. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです