メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾羊一のめでぃあ亭

“子供リアル”に徹した描写力

 隠居 ふと目に留まった2時間近い時代劇を身じろぎもせずに見つめていた。BSフジ「小さな橋で」(10日放送)だ。

 家主 原作は藤沢周平の短編集「橋ものがたり」だ。

 隠居 藤沢といえば、隠居暮らしの平穏な日々を送っている浪人がお家騒動に巻きこまれる(「三屋清左衛門残日録」)のように、後半のダイナミックな意外な展開が藤沢文学の特色。ファンには、そこがたまらない。

 家主 ところが「小さな橋で」は子供たちの目の高さで描かれた時代劇で、子役にこまっちゃくれたお芝居を…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです