メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横手駅前再開発

「図書館」案に批判噴出 市議会「市民の合意ない」 /秋田

 横手市の3月定例市議会に提出されたJR横手駅東口の再開発計画に関する予算案の行方に市民の関心が集まっている。高橋大市長は「官民共同で再開発し図書館を核とした公益施設をつくる」と訴えるが、市議会で「市民の合意がない」「議論が不十分」といった批判が噴出している。【佐藤伸】

 ◆駆け足の計画

 市によると、再開発が計画されているのは駅正面の約1・7ヘクタール。JAやホテルなどのビルや駐車場があり、市も約70平方メートルの土地を所有する。

 計画が浮上したのは昨年1月。周辺の土地・建物の権利者3者が市に連名で再開発の要望書を提出した。同8…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1110文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです