メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指定管理者制度

対象県施設8割、応募1団体のみ /山形

 地方公共団体が民間事業者などに施設管理・運営を委ねる指定管理者制度を導入する県内計60施設のうち、8割近い46施設で直近の応募が1団体だけだったことが12日、県の包括外部監査で明らかになった。監査人の伊藤明彦公認会計士は「多くの民間団体の申請で競争原理を働かせて活力を生み、行政サービスの向上につなげるのが(同制度の)本来の趣旨。低調と言わざ…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです