メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホタル

乱舞、復活を 市民有志が幼虫を放流 諫早のシンボル、眼鏡橋周辺 /長崎

 諫早市のシンボル、眼鏡橋周辺にホタルを復活させようと、市民有志が今年も幼虫約3000匹を近くの水路に放流した。順調に育てば、5月の連休明けごろから光の舞が見られるという。

 かつて本明川にはホタルが乱舞していたが、1957年の諫早大水害や生活排水の流入による水質悪化などで姿を消した。そこで、市民有志でつくる「眼鏡橋にホタルを飛ばそう会」(池田伸二会長)が諫早公園内に水路を整備し、2010年から毎年…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです