メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊一時金300万円 救済法案 与野党議員、最終調整

 旧優生保護法(1948~96年)下で行われた障害者らに対する不妊手術を巡り、与野党の関係議員は、被害者に支払う一時金について300万円とする最終調整に入った。同様の被害者救済で約300万円を支給したスウェーデンの事例を参考。14日にも公表する。与野党が4月初旬にも議員立法で救済法案を提出し、同月中の成立を目指す。

 救済法案は一時金の支給について、幅広く救済する観点から疾病治療など目的が明らかな手術を受けた人を除き、全ての人を対象としている。関係議員は、75年まで同様の法律があったスウェーデンを参考に検討してきた。同国の補償法に基づく一時金は今の物価などを考慮すると300万円相当になる。

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文428文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです