メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階・自民幹事長

首相の総裁4選「あり得る」 発言、党内に波紋 「ポスト安倍」は様子見

 自民党の二階俊博幹事長は12日の記者会見で、安倍晋三首相の党総裁4選の可能性に言及した。「今のご活躍から、党内外、特に海外からの支援も十分あるわけだから、十分ありうる」との認識を示した。「党内の隅々まで意見をよく聴取した上で、円満に決めていきたい」とも語った。夏の参院選後をにらみ、首相と執行部の求心力維持を図る狙いがありそうだ。党内には波紋が広がっている。【竹内望、浜中慎哉】

 二階氏は総裁任期を「連続2期6年まで」から「連続3期9年まで」に変えた2017年の党則改正を主導。…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです