メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱 修正案否決の可能性 「合意なき」回避綱渡り

記者会見するメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長=フランス東部ストラスブールで11日、AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英下院は12日夜(日本時間13日早朝)、英国とEUが11日深夜に取りまとめた新たな離脱合意案を採決する。英国がEUの関税区域に残る期間を一時的とする付属文書を追加した案だが、離脱強硬派は採決前に反対意見を表明し否決される可能性が高まった。否決されれば、14日までに「合意なき離脱」と「3月末の離脱延期」について相次いで採決することになる。

 新たな離脱合意案は、昨年11月の離脱合意案本文をそのまま維持する一方で、英国側の求めに応じ、法的拘束力を持つと位置づけた付属文書を追加した。アイルランドと英領北アイルランドの国境管理が紛糾するのを避けるため、当面英国全体がEUの関税区域に残るとする本文の「安全策」規定について、付属文書は一時的措置であることを明記。速やかに英国がEUの関税区域から離脱できるよう、2020年12月までに代替案を見つ…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 東京オリンピックで観客の顔認証活用へ コロナ感染防止、大会後にデータ消去

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 藤井王位、名人戦順位戦B級2組5連勝で単独トップに 村山七段を97手で降す

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです