メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
英国

EU離脱 修正案否決の可能性 「合意なき」回避綱渡り

記者会見するメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長=フランス東部ストラスブールで11日、AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英下院は12日夜(日本時間13日早朝)、英国とEUが11日深夜に取りまとめた新たな離脱合意案を採決する。英国がEUの関税区域に残る期間を一時的とする付属文書を追加した案だが、離脱強硬派は採決前に反対意見を表明し否決される可能性が高まった。否決されれば、14日までに「合意なき離脱」と「3月末の離脱延期」について相次いで採決することになる。

 新たな離脱合意案は、昨年11月の離脱合意案本文をそのまま維持する一方で、英国側の求めに応じ、法的拘…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文999文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです