メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱 修正案否決の可能性 「合意なき」回避綱渡り

記者会見するメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長=フランス東部ストラスブールで11日、AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英下院は12日夜(日本時間13日早朝)、英国とEUが11日深夜に取りまとめた新たな離脱合意案を採決する。英国がEUの関税区域に残る期間を一時的とする付属文書を追加した案だが、離脱強硬派は採決前に反対意見を表明し否決される可能性が高まった。否決されれば、14日までに「合意なき離脱」と「3月末の離脱延期」について相次いで採決することになる。

 新たな離脱合意案は、昨年11月の離脱合意案本文をそのまま維持する一方で、英国側の求めに応じ、法的拘…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 仙台ドン・キホーテに爆破予告 一時営業休止、買い物客ら避難 不審物見つからず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです