メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

皇室公務、分担に苦心

退位を報告するため、賢所に向かわれる天皇陛下=皇居・宮中三殿で2019年3月12日午前10時ごろ(宮内庁提供)

 皇位継承まで50日を切り、12日には皇居で天皇陛下の退位に関する行事が始まった。象徴の姿を模索されてきた天皇陛下の公務はどのように引き継がれるのか。宮内庁は、皇太子さまと秋篠宮さまを中心とする代替わり後の公務の分担を発表したが、活動内容の取捨選択は進んでいない。公務の担い手が減る中、困難な調整が続く。

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです