メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

長期化する仮設住宅暮らし 災害救助法の柔軟活用を=高尾具成(阪神支局)

「災害公営住宅での新生活を楽しみにしていたのにね。主人は亡くなりました」。岩手県大槌町の仮設住宅で、80代の女性はそう話していた。今は災害公営住宅に暮らす=2017年3月7日、高尾具成撮影

 ◆高尾具成(ともなり)

 東日本大震災の発生から8年。福島、宮城、岩手の各県では今も多くの被災者が、応急仮設住宅という困難な環境下での生活を強いられている。仮設住宅での生活の長期化を考える中で、災害救助法の運用が適切であれば、被災者はもっと手厚く保護されたのでは、との思いが膨らんだ。仮設住宅での暮らしが続く人々への新たな対応と、今後の大規模災害での生活再建には、被災自治体が被災者目線で同法にある「特別基準」を活用することが必要だ。

この記事は有料記事です。

残り1813文字(全文2030文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです