メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱延期、2カ月以内 欧州委員長が期限提示

 【ブリュッセル八田浩輔、ロンドン矢野純一】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は11日、欧州理事会のトゥスク常任議長(EU大統領)に宛てた書簡で、英国が3月29日に予定される離脱を延期した場合、その期限は5月23~26日のEU欧州議会選挙までとの考えを明確にした。議会選をまたぐ場合は、英国も選挙を実施して議員を選出する義務があると伝えた。

 英国とEUは離脱合意案の修正に合意し、12日に英下院で採決されることになっている。否決された場合には、離脱延期に向かう可能性が高い。ユンケル氏は延期期限を2カ月以内と区切り、問題を先送りしない意思を明確にすることで、今回の修正内容を承認するよう、英下院に促す意図もあるとみられる。11日の記者会見では「選択肢は明確だ。この(離脱合意)案か、離脱をしないかだ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです