メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本学士院賞

藤田氏ら9人 構造解析、創薬研究に貢献

 日本学士院は12日、優れた業績を上げた研究者に贈る日本学士院賞に、液体に溶けた化学物質を結晶化させずにエックス線で構造解析をする技術を開発し、創薬研究に大きく貢献した東京大の藤田誠教授(61)ら9人を選んだと発表した。藤田氏には恩賜賞も贈る。

 他の受賞者は、太陽観測衛星の「ようこう」や「ひので」の開発を主導した常田佐久・国立天文台長(64)や、東京電力福島第1原発のデブリ調査にも使われる、宇宙線による物体の内部構造調査法を生み出した永嶺謙忠・高エネルギー加速器研究機構名誉教授(77)ら。

 授賞式は6月に東京・上野の日本学士院で行う。

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1087文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです