メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

亡き妻のメモ 横浜市金沢区・永井利一(無職・82歳)

 妻は、昨年12月24日に急性肺炎で逝った。80歳だった。三日三晩のあの苦しみの姿は、今でも容赦なくよみがえってくる。四十九日の法要と納骨も過ぎて、少しばかりホッとした気持ちでいる時、ふと何かの予感がして、妻の使っていたハンドバッグなどの整理を始めた際、手帳に挟んであった小さなメモが見つかった。

 (1)ゆうちょ銀行の預金は長女に、横浜銀行の預金は長男に渡してほしい(2)お骨は、私の実家のお墓と、もう一方は当家のお墓に分けて埋葬してください--とあった。

 両銀行の預金は、妻が結婚時に持って来た蓄えに、パート収入などを加えたものだ。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです