メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

顔面、繊細な復元作業=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

左頬を地面にぶつけ、腫れた80歳男性

 形成外科医は、手術後の傷痕も考慮しながら、顔面骨骨折の治療に当たっていることを紹介しました。今回も顔面骨骨折の話を続けます。

 顔面骨骨折の診断には、症状から、精密機械の配線や部品の不具合を予測するような能力が求められます。

 なぜでしょうか。

 細かい作業をする時は五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)を研ぎ澄ましなさいとよく言われます。目や鼻など、そのための器官は顔面に集中しています。

 また、顔面は、呼吸をする、食べる、飲む、表情を作る、などさまざまな働きをする場でもあります。そのよ…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1007文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです