メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

日本大会 グレイシーの技盗め 立ち上がり強化へ

体をよじりながら、あおむけの状態で進む日本代表候補の選手たち

 9月開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)に向けた沖縄県読谷村での日本代表候補合宿で、ブラジル発祥のグレイシー柔術の指導者による「コンバットトレーニング」が12日、始まった。タックル後の起き上がりの速さにつなげるのが狙いだ。

 同柔術は寝技の攻防に優れ、創始者の息子で「400戦無敗の男」と称されるヒクソン・グレイシー氏により総合格闘技で脚光を浴びた。今回の合宿で指導するのは、ヒクソン氏の弟のホイラー氏に師事し、ニュージーランド(NZ)で道場を運営す…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです