メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

足りなかった共感=小川佳実

 2017年に来日した日本サッカー協会審判委員会のレイモンド・オリビエ副委員長はイングランドでプロ審判の指導者などを長年務めたベテランで、多くの助言を受けている。中でも「日本の審判に最も足りない」と指摘されたのが「エンパシー」つまり「共感」という考え方だ。

 例えば、映像でその瞬間だけ切り取ってみると、イエローカード相当のプレーがあったとする。だが、プレーの前段や試合の流れ、選手たちのエキサイト具合などの「温度」はどうなのか。場合によってはカードを出す必要はないかもしれない。それらを理解し、試合をコントロールするために必要なのがエンパシーだ。むやみに笛を吹けばいいというものでもないし、共感しすぎて適切にコントロールできなくなるのでは元も子もない。

 抽象的な言葉であり、理解と線引きが非常に難しいが、見る側も含めてストレスのない試合進行には大切な点…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです