メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

足りなかった共感=小川佳実

 2017年に来日した日本サッカー協会審判委員会のレイモンド・オリビエ副委員長はイングランドでプロ審判の指導者などを長年務めたベテランで、多くの助言を受けている。中でも「日本の審判に最も足りない」と指摘されたのが「エンパシー」つまり「共感」という考え方だ。

 例えば、映像でその瞬間だけ切り取ってみると、イエローカード相当のプレーがあったとする。だが、プレーの前段や試合の流れ、選手たちのエキサイト具合などの「温度」はどうなのか。場合によってはカードを出す必要はないかもしれない。それらを理解し、試合をコントロールするために必要なのがエンパシーだ。むやみに笛を吹けばいいというものでもないし、共感しすぎて適切にコントロールできなくなるのでは元も子もない。

 抽象的な言葉であり、理解と線引きが非常に難しいが、見る側も含めてストレスのない試合進行には大切な点…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです