メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

500日前 競技の絵文字公表 64年継承、簡潔デザイン

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、五輪の実施競技を表す33競技50種類のピクトグラム(絵文字)を公表した。五輪で初めて使用された1964年東京五輪のデザインを継承しつつ、大会の主役である選手の躍動感を強調。制作に携わったグラフィックデザイナーの廣村正彰さん(64)は「競技のピクトグラムを生んだ国として、その名に恥じない仕事ができた」と語った。【田原和宏、浅妻博之】

 東京都江東区であったイベントには、16年リオデジャネイロ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルメンバーの飯塚翔太(ミズノ)、空手女子形で世界選手権2度優勝の清水希容(ミキハウス)の両選手が参加。同区立有明西学園の児童48人とともに50種類のパネルを掲げてお披露目した。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです