NTT西日本

ドローンで点検、新会社 「収益源の一つに」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドローンによるインフラ点検サービスの新会社設立を発表したNTT西日本の小林充佳社長(左)と新会社の柴田巧社長=大阪市中央区で2019年3月12日、加藤美穂子撮影
ドローンによるインフラ点検サービスの新会社設立を発表したNTT西日本の小林充佳社長(左)と新会社の柴田巧社長=大阪市中央区で2019年3月12日、加藤美穂子撮影

 NTT西日本は12日、自治体や企業向けに、道路や通信設備などのインフラを小型無人機ドローンで点検するサービスを始めると発表した。4月1日に新会社を設立する。固定電話の契約者数が減り続ける中、新たな収益源の一つに成長させたい考えだ。

 カメラを備えたドローンで状態を撮影し、得られたデータを人工知能(AI)で解析して修理すべき箇所や修理方法などを提示する…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

ニュース特集