メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

[増税前に買うべきモノ]狙い目は「やや盛り目」スペック! 今こそ買い時のノートPC8選(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

今年10月、消費税が8%から10%に増税となります。もちろん高価格な製品ほど増税の影響は大きいが、必ずしも“駆け込み買い”が得とは限りません。本特集では、増税前に狙い目のカテゴリを抽出し、そのなかからプロがベストバイ製品をセレクト。“買うべきモノ”をしっかりと見極めて、増税前後の「勝ち組」になりましょう!

 

ジャーナリスト・西田宗千佳さん

モバイル機器、PC、家電などに精通します。取材記事を雑誌や新聞などに寄稿するほか、テレビ番組なども監修しています。

 

現在のCPUは大きなジャンプを控えた時期ではありますが、インテルの次世代CPUが搭載されたPCが登場するのは、ハイエンド機種で2019年末、一般向けモデルでは2020年後半頃になるとされており、少し先になりそうです。

 

もし、現在のPCに不満を感じているなら、次世代を待って我慢して使い続けるよりも、増税前に購入するほうが賢明です。ただしその場合、メモリやストレージをケチると長期的に使えなくなる可能性があります。予算を抑えて最低限のスペックを選ぶのではなく、それよりもやや「盛り目」で選ぶと良いでしょう。

 

例えば、ストレージは転送速度の速いSSDもしくは、HDDのモデルなら処理速度を高速化する「Optaneメモリ」搭載のものがおすすめです。また、USB端子は充電が可能な「USB Power Delivery(USB PD)」や、アップル製品でも採用されている「Thunderbolt 3」に対応するものを選ぶと、外部機器との接続の利便性が向上します。

 

増税前にPCを買うべき理由

・次世代CPU「Ice Lake」が搭載された一般向けモデルが登場するのは、今年の年末になる見込み。それまで待つか、いま買うかの2択となるでしょう。

・最新版の「Office 2019」搭載機が登場中。また、昨年夏に登場した初期第8世代より性能向上した新CPU搭載機なども充実しつつあります。

 

【PCのココをCHECK】

1.入力しやすさ

ストレスのない操作のために重要。キーボード入力時の安定感やキーピッチ、タッチパッドでの操作しやすさ、タッチディスプレイの有無などをチェック。

2.インターフェイス

USB Type-C機器が増えており、同端子の数は重要。充電が可能な「USB Power Delivery」(以下、USB PD)」対応だと◎。加えてType-Aもある程度は欲しい。

3.処理能力

PCの性能に直結した重要なスペック。CPUのグレードやメモリ・ストレージの容量に加え、ストレージがHDDならOptaneメモリ(※)搭載の有無もチェック。

※:Optaneメモリは、ストレージを高速化できる専用のキャッシュメモリ。インテルが提唱する新デバイスで、HDDとあわせて使うのが一般的です

4.利便性

携帯性やバッテリー駆動時間のほか、生体認証機能や音響関連の機能などを確認。そのほか、PCの使い勝手向上につながる機能もチェックしました。

 

【その1】 13.3インチで約698gの「世界最軽量」モバイルPC

富士通クライアントコンピューティング

LIFEBOOK UH-X/C3

実売価格25万9620円

13.3インチ液晶を搭載しながら、軽さ約698g、薄さ15.5mmと非常に軽量かつスリムな端末。画面周囲に肉厚フレーム構造を採用するなどして堅牢性を確保しました。バッテリー駆動時間は11.5時間と1日持ち歩ける長さで、急速充電にも対応しています。

SPEC●ディスプレイ:13.3インチ●OS:Windows 10 Pro●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約11.5時間●インターフェイス:USB Type-A×2、Type-C×2、SDカードスロット、HDMI出力ほか●サイズ:約W309×H15.5×D212mm●質量:約698g

 

【入力しやすさ:評価A】

ゆとりのあるキーピッチでスムーズな入力が可能

キーピッチ約19mmのフルサイズキーボードを搭載。タッチパッドは左右のマウスボタンが独立したスタイルなので、ミスなく確実な操作が可能でした。

【評価A】

 

【インターフェイス:評価A】

Type-CはいずれもUSB PDに対応

スリムな端末ながら、Type-AおよびCの両方の端子が搭載されているのがうれしい。2つのUSB Type-Cは、USB PDにもしっかり対応しています。

 

【処理能力:評価A+

最新CPUを搭載した頼もしい構成

CPU Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ 512GB SSD

プロセッサーに最新の「Whiskey Lake」世代を採用している点が◎。ストレージには容量と処理速度を両立した512GB SSDを搭載。

 

【利便性:評価A+】

顔認証でスムーズなログインができる

 

「世界最軽量」を誇る約689gの筐体はともかく軽く、携帯性は抜群。顔認証機能対応で、ログインもスムーズです。

 

【その2】外出先で使いやすい最大約15時間駆動のコンバーチブル型

DELL

XPS 13 2-in-1

実売価格21万578円

360度回転するディスプレイを備えたコンバーチブル型PC。オフィスなどの業務アプリ利用時で約15時間、動画視聴時で約10時間のバッテリー駆動が可能です。4096段階の筆圧検知に対応した「Dell プレミアム アクティブ ペン」も付属します。

SPEC●ディスプレイ:13.3インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:3200×1800ドット●バッテリー駆動時間:約15時間●インターフェイス:USB Type-C×1、Thunderbolt 3×1、micro SDカードスロットほか●サイズ:約W304×H8×D199mm●質量:約1.24kg

 

【入力しやすさ:評価A】

タッチパッドでもペンでも入力がスムーズ

広めのタッチパッドは、滑らかな操作が可能で快適。付属のアクティブペンは4096段階の高解像度で、線の細かい筆圧や濃淡まで再現できました。

 

【インターフェイス:評価A】

Thunderbolt 3対応だがUSB Type-Aは非搭載

電力供給およびDisplayPortをサポートしたThunderbolt 3対応USB Type-C端子を搭載するのは◎。ただし、Type-A非搭載で、手持ちの機器をつなぐ際に困ります。

 

【処理能力:評価A】

低消費電力版のYシリーズプロセッサーを搭載

CPU Core i7-8500Y
メモリ 8GB
ストレージ 512GB SSD

CPUは、Uシリーズよりスタミナを重視した設計のYシリーズの最新版が搭載されています。ストレージが512GB SSDと大容量な点は好印象です。

 

【利便性:評価A

移動中でも使いやすいコンバーチブル型

コンバーチブル型なので、移動中に立ったまま使いたい場合などには非常に便利。指紋認証にも対応しており、素早くログインできます。

 

【その3】IGZO液晶ディスプレイ搭載の軽量&長時間駆動PC

東芝

DynaBook GZ83/J

実売価格21万1240円

堅牢で軽量なマグネシウム合金を採用し、美麗な外見で頑丈かつ携帯性に優れた筐体を実現した13.3インチPC。シャープ製IGZO液晶を採用。小型ながら聞き取りやすい音量と音質を確保したオンキヨーと共同開発のスピーカーも備えます。

SPEC●ディスプレイ13.3インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約19時間●インターフェイス:USB Type-A×2、Type-C×1、microSDカードスロット、HDMI出力ほか●サイズ:約W308.8×H17.9×D211.6mm●質量:約859g

 

【入力しやすさ:評価A+】

滑らかに操作できる快適なタッチパッド

キートップ中央に0.2mmのへこみをつけることで、打ちやすさを向上させたフルサイズキーボードが快適。タッチパッドの反応も良く、スムーズに操作できました。

 

【インターフェイス:評価A】

Type-C端子は1基だが新しい給電規格に対応

プロジェクターの接続などに欠かせないHDMI出力端子を備え、USB Type-CもUSB PDに対応。ただし、Type-Cが1基のみなのは少々惜しい。

 

【処理能力:評価B+】

CPUはやや旧式だが、SSDは高速かつ大容量

CPU Core i7-8550U
メモリ 8GB
ストレージ 512GB SSD

プロセッサーが、やや旧式のCore i7-8550Uなのは残念。ストレージが、容量のゆとりと転送速度を両立する512GB SSDなのは◎

 

【利便性:評価A+】

充電30分で8時間駆動する急速充電が頼もしい

19時間のバッテリー長時間駆動に加え、30分の充電で約8時間の駆動が可能な急速充電も使える点が見事。生体認証は顔認証に対応しています。

 

【その4】大容量と処理スピードを両立させたSSD+HDD搭載モデル

 

富士通クライアントコンピューティング

LIFEBOOK AH77/D1

実売価格23万3580円

約7.8mmの狭ベセルを採用した15.6インチノートPC。ハイレゾ再生に対応したスピーカーが搭載されているのに加え、ハイレゾ対応ヘッドフォンにも対応します。マイクは従来モデルの2倍となる4個が搭載され、広範囲からの音声操作が可能。

SPEC●ディスプレイ15.6インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約7.8時間●インターフェイス:USB Type-A×3、 Type-C×1、SDカードスロット、HDMI出力ほか●サイズ:約W361×H27.1×D244mm●質量:約2.3kg

 

↑本体前面のディスプレイ下に搭載されているスピーカーは、ハイレゾ音源の再生にも対応します

 

【入力しやすさ:評価A+】

しっかりとしたストロークのテンキー付きキーボード

キーピッチ18.4mmのテンキー付きキーボードを搭載。2.5mmと深めのキーストロークなので、打鍵感をしっかり感じられ、入力ミスをしにくい。

 

【インターフェイス:評価A】

PCの電源がオフでもUSBから充電できる

 

3基のUSB Type-Aのうち1つは、PC本体の電源がオフの時でも給電が可能。スマホだけ充電したい場合などに便利です。

 

【処理能力:評価A

高性能最新CPU&SSD+HDD搭載で満足度高

CPU Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ 128GB SSD+1TB HDD

CPUは最新のi7-8565Uを搭載。ストレージはSSDに加えて大容量HDDを採用し、容量と処理スピードの両方を確保しました。

 

利便性:評価A】

音楽再生や家電操作を音声で行えるAI機能が便利

音声操作でコンテンツ再生や家電操作を行えるAI機能「ふくまろ」を搭載。スマートスピーカー感覚で楽しく使うことができました。

【その5】丸1日しっかり使える22.5時間駆動のバッテリーを搭載

HP

HP Spectre x360 13-ap0000

15万984円

ディスプレイが360度回転するコンバーチブル型の13.3インチ端末。22.5時間のバッテリー駆動が可能なほか、30分で約50%充電できる急速充電に対応。本体の角部分に電源スイッチとType-C端子が配置された高品位なデザインを採用します。

SPEC●ディスプレイ13.3インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約22.5時間●インターフェイス:USB Type-A×1、 Type-C×2、micro SDカードスロットほか●サイズ:約W308×H14.3×D217mm●質量:約1.32kg

 

【入力しやすさ:評価A+】

タッチ操作に対応し専用ペンも付属する

キーボードは深めのストロークで入力しやすい。1024段階の筆圧検知に対応した付属のアクティブペンを使えば、手書き入力もスムーズに行えます。

 

【インターフェイス:評価A】

電源オフ時の充電に対応したType-C端子×2

2つのType-C端子は、いずれもUSB経由の充電やThunderbolt 3に対応するなど機能が充実。Type-Aも1基搭載します。HDMI端子非搭載は少し残念。

 

【処理能力:評価B+

最新CPU搭載もストレージ容量は小さめ

CPU Core i5-8265U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD

プロセッサーは第8世代の最新版「Core i5-8265U」を採用している点がイイ。ロープライスなモデルだけにストレージ容量は256GBとやや小さめ。

 

【利便性:評価A】

22.5時間の長時間バッテリー駆動で安心

筐体は重いが存分に動画視聴などを楽しめる最大22.5時間の長時間駆動バッテリーは魅力。生体認証も顔と指紋の両方に対応しており、ハイスペックです。

 

【HPならコチラもオススメ】

OMEN by HP 15-dc0076TX

実売価格16万7000円

15.6インチのゲーミングノートPC。SSDとHDDのハイブリッド型ストレージを備え、高パフォーマンスなGPU「GeForce GTX 1060」を搭載。新設計のファンにより、高い冷却性能を実現しています。

SPEC●CPU:Core i7-8750H●メモリ:16GB●ストレージ:256GB SSD+2TB HDD●GPU:GeForce GTX 1060●ディスプレイ:15.6インチ●サイズ/質量:約W360×H25.5×D263・/2.48mm

 

【その6】高音質サウンドシステムとブルーレイドライブを搭載

 

NEC

LAVIE Note NEXT

実売価格19万9800円

スリムな筐体にブルーレイドライブを搭載。ヤマハとのコラボによる高音質なサウンドシステムも装備します。狭ベセルながらウェブカメラは画面上部に設置されているので、ビデオ通話時の細かい角度調整を行いやすい。

SPEC●ディスプレイ15.6インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約5.8時間●インターフェイス:USB Type-A×2、 Type-C×1、SDカードスロット、HDMI出力ほか●サイズ:約W361×H24.6×D243mm●質量:約2.3kg

 

↑カラバリは、クレストゴールドのほか、グレイスブラックシルバー、プラチナホワイトなどが揃います

 

【入力しやすさ:評価A】

静かで安定感のあるキー入力ができる

キーボードは打鍵音が静かで快適なうえ、テンキーも搭載。タッチパッドのオン/オフをスペースキーから切り替えできる機能も細かいことだが便利。

 

【インターフェイス:評価B+】

Type-C端子は1基のみだがパワーオフ充電対応が◎

2つのUSB Type-A端子のうち1基は、電源オフ時も外部機器への給電が可能で、スマホの充電などに重宝します。Type-Cが1基だけなのは少し惜しい。

 

【処理能力:評価B+】

Optaneメモリを併用してアクセス速度を高速化

CPU Core i7-8550U
メモリ 8GB
ストレージ 1TB HDD+16GB Optaneメモリ

CPUはやや旧型。1TB HDDで容量を確保しつつ、起動を高速化するOptaneメモリを搭載しており、コスパは十分に高いです。

 

【利便性:評価A】

コンテンツ間の音量差を自動で補正してくれる

↑音量が一定に調整されて聴きやすい!

 

指紋センサーが電源ボタン上に搭載され、ログインが快適。コンテンツ間の音量差を補正する機能も動画視聴時に重宝します。

 

【その7】スリムで丈夫なアルミボディ採用の15インチ狭ベゼルPC

 

マウスコンピューター

m-Book R500SN-M2SH5

実売価格13万9104円

薄型のアルミボディを採用した15.6インチノートPC。ベセルが細いので、ディスプレイサイズに対して全体の大きさがコンパクトに抑えられています。グラフィックボードには、3Dゲームにも対応可能な「GeForce MX 150」を採用しました。

SPEC●ディスプレイ15.6インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約8.3時間●インターフェイス:USB Type-A×3、 Type-C×1、SDカードスロット、HDMI出力ほか●サイズ:約W386×H26.3×D262mm●質量:約1.7kg

 

【入力しやすさ:評価B+】

入力しやすいキーボードだが、テンキー非搭載が惜しい

キートップは指が滑りにくい質感になっており、正確にタイピングできます。ただ、15.6インチモデルであれば、テンキーを搭載してほしかった。

 

【インターフェイス:評価B+】

USB Type-CとHDMI併用で最大3画面環境を構築可能

DisplayPort対応のType-C端子とHDMI端子を備えるなど、映像出力が充実しています。ただし、Type-C端子の数は1基だけしかなく物足りない。

 

【処理能力:評価A】

高速なデータ読み出しが可能なNVMe SSDを採用

CPU Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD

最新の第8世代プロセッサーを採用。さらに、SSDにはより高速なデータ読み出しが可能なNVMe接続のSSDが搭載されています。

 

【利便性:評価A】

タッチパッド上でスムーズに指紋認証できる

指紋センサーはタッチパッド上に搭載します。アプリ内購入など、PC操作中に指紋認証を行う場合にもスムーズです。

 

【その8】ハイコスパを実現した薄型アルミボディのモバイルノート

レノボ

Lenovo YOGA S730

15万7486円

アルミボディを採用したスリムな13.3インチPC。立体的な音を表現する「Dolby Atmos」対応のスピーカーを搭載し、臨場感のあるサウンドを楽しめます。フラットな状態まで開けるディスプレイを備え、複数人で画面を見る場面などに活躍。

SPEC●ディスプレイ13.3インチ●OS:Windows 10 Home●画面解像度:1920×1080ドット●バッテリー駆動時間:約9時間●インターフェイス:Type-C×3ほか●サイズ:約W307×H11.9×D210mm●質量:約1.1kg

 

【入力しやすさ:評価A】

大型のタッチパッドで細かい操作もスムーズ

キーボードはしっかりした打鍵感。広いタッチパッドを備えるので、マウス接続なしでもエクセルなどを使った細かい作業もスムーズに行えます。

 

【インターフェイス:評価B+】

Thunderbolt 3に対応したType-C端子を搭載

3基のUSB Type-C端子のうち2基がUSB PDに対応し、Thunderbolt 3をサポートしているのが◎。ただし、Type-A端子を非搭載なのは残念。

 

【処理能力:評価A+】

最新i7プロセッサーを搭載してSSDも十分

CPU Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ 512GB SSD

最新の「Core i7-8565U」プロセッサーが採用され、ストレージも512GB SSDが搭載されています。長く使うのに適した充実のスペックです。

 

【利便性:評価A】

1時間で80%の充電が可能な急速充電にも対応

急速充電機能は、約1時間で最大80%のバッテリー充電が可能と非常に高速。筐体は、13.3型モバイル機としては少し重めです。

 

【レノボならコチラもオススメ】

 

Legion Y530

実売価格18万1330円

狭ベゼル採用の15.6インチゲーミングノートPC。6コアCPUに加え、GPUも高性能な「GeForce GTX 1060」を搭載することで高パフォーマンスを実現しました。Optainメモリも備え、起動なども高速です。

SPEC●CPU:Core i7-8750H●メモリ:16GB●ストレージ:1TB HDD+16GB Optaneメモリ●ディスプレイ:15.6インチ●サイズ/質量:約W360×H24.2×D267mm/約2.3kg

【関連記事】
一台二役だけど使い方は「置くだけ&かざすだけ」! フィリップスのLEDライト兼用Qiチャージャー「DLP9025N」
スマホを媒介に…古の呪文をいざ! 本格ギミックがたまらない魔法陣デザインのワイヤレス充電器「マジーセルクル」
ケースのまま「AirPods充電」できるのありがたい! スマートデザインで小粋な3つのアップル用アクセサリー
MWC19でみた「リアリティ」のこれから——仮想現実に素手で触れるMR「HoloLens 2」や、ケーブル&PCレスで遊ぶVR「VIVE FOCUS PLUS」まで
iPhoneでたった1つアプリを残すなら、絶対「メモ」アプリ。あらゆる機能をメモにまとめる使いこなし術

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです