メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

話題のテクノロジー施設も! 日本在住外国人が大好きな「日本のテーマパーク」3選(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

休日に遊びやデートで行く定番スポットのひとつがテーマパーク。近年の日本では海外からの観光客も増えていますが、外国人が日本で気に入っているテーマパークはどこなのでしょうか? 国籍の異なる男女3人にオススメスポットを教えてもらいました!

 

【今回お話を伺った日本在住外国人のみなさん】

↑ベトナム・ハノイ出身のヘイゼル・ウェンさん。20代の学生で、2年半前に来日

 

↑アメリカ・ニューヨーク州出身のジョナサン・ダンズモアさん。30代の会社員で、日本に来たばかり

 

↑ブラジル・ゴイアニア出身のサーラ・ブラシュコさん。30代のフリーランス・デジタルマーケター。来日10年

 

「その視点はなかった!」と思える声も

[その1]

豊洲【チームラボプラネッツ】

インスタグラムなどのSNSを使って友人とコミュニケーションをする20代のヘイゼルさんは、日ごろから写真映えするお店やスポットを探しています。そして最新トレンドにも敏感。そんな彼女のお気に入りは、2018年にオープンした豊洲の「チームラボプラネッツ」です。

「テーマパークではないかもしれないけど、異次元のような世界観ですごく楽しめます。テーマごとに分かれた空間がいくつかあり、どれも驚きの連続ですね。それに幻想的で美しく、フォトジェニックなのも魅力」とヘイゼルさん。

 

「ひざ下まで水に浸かって光の鯉を追いかける作品や、色とりどりの球体に満たされる空間が個人的には印象的。お台場にもチームラボボーダレスがあって、そっちにも行ったことがあるんですけど、豊洲のほうは夜遅くまでやっているし、内容的にも大人向けだと思います。逆にお台場は子ども向けの空間もあるので、家族で行くならお台場がいいかもしれませんね」

 

[その2]

舞浜【東京ディズニーランド】

ニューヨーク州出身のジョナサンさんのオススメは「東京ディズニーランド」。アメリカ本国にもフロリダの「ウォルトディズニーワールド」やカリフォルニアの「ディズニーランドリゾート」がありますが、日本も素晴らしいと断言。その魅力を話してくれました。

 

「日本にはいろんなアミューズメントパークがあるけど、日本人にとってディズニーランドは特別な場所だと聞いて、行ってみたら僕も感動したんだ。さすが『オモテナシ』の国! ホスピタリティがすごかったね。アトラクションもだけど、スタッフさんのプロフェッショナルなアテンドやサービスに驚かされたよ」とジョナサンさん。

 

「アトラクションは、スプラッシュマウンテンが一番好き。スピード感、水の仕掛け、暗闇、スリルなど、いろんな要素が詰まっていて、だれでも楽しめるんじゃないかな。施設自体がそもそも面白いし、アメリカ人にも行ってほしいと思うよ」

 

[その3]

後楽園【東京ドームシティ】

サーラさんは、アトラクションをはじめ、グルメやスパなど様々な楽しみ方ができる「東京ドームシティ」をレコメンド。施設としての楽しさだけでなく、都心にあって交通至便なところもお気に入りだと言います。

 

「アミューズメントなら、『東京ドームシティアトラクションズ』。ジェットコースターをはじめとした絶叫系に、観覧車、お化け屋敷、メリーゴーランドといった、そのほかの定番も充実。立地もいいし、日本の遊園地を気軽に楽しむならまずはここでしょう」とサーラさん。

「野球観戦はしないけど、ドーム内ではいろんなイベントがやっているし、いつもにぎやかなイメージ。お風呂が好きなら『スパ ラクーア』があるし、レストランも充実してる。どんな人でも楽しめる、間違いないテーマパークだと思うわ」

 

超定番から最新型まで、外国人の楽しみ方も十人十色。10連休を控えたいま、春のお出かけの参考にしてみてくださいね。

 

協力: LIFE PEPPER https://lifepepper.co.jp/

【関連記事】
より良い条件の物件に住むために!東京で賃貸マンションを探すポイント
夫婦関係を円滑にするための秘策はあるか?ーー里崎智也の「下克上人生相談」
「犬は飼い主に似る」は本当だった! 心理学者が発見した「ヒトと犬の性格の相関関係」
アウトドア料理をワンランク上へ。そんな人に薦めたい「キャンプ用スモーカー」5選
「恥ずかしい秘密VS罪を感じる秘密」人を悩ませるのはどっち? 研究者たちが解明

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. ワイン海に沈め波で熟成、まろやかに 半年後に引き揚げ、好評 神奈川

  5. 「三気の魂」再びここから 地震で半壊、鵡川高の新野球部寮完成 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです