政府、著作権法案提出を見送り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 政府は13日、海賊版サイト対策の強化を目的とした著作権法改正案の今国会への提出を見送ることを決めた。改正案は違法ダウンロードの対象範囲を全著作物に拡大することが柱だが、利益が守られる側の漫画家団体などからも見直しを求める声が相次いでおり、自民党の了承を得られなかった。

 同日開かれた同党文部科学部会と知的財産戦略調査会の合同役員会後、赤池誠章文科部会長は「漫画家をはじめとする著作権者、インターネットユーザー双方の不安を払拭(ふっしょく)できていない。また議論するとなると時間切れだ」と話した。改正案には利用者を海賊版サイトに誘導する「リーチサイト」の規制も盛り込まれていたが、赤池氏は「違法ダウンロード…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

あわせて読みたい

注目の特集