メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中合意まで「最後の数週間」 USTR代表が期待示す

米通商代表部のライトハイザー代表=AP

 【ワシントン中井正裕】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は12日、上院財政委員会の公聴会で証言し、貿易戦争の収束に向けた米中通商協議の状況について「合意に向けた最後の数週間であることを望む」と早期決着に期待を示した。一方で、両政府の合意を中国側に順守させる枠組みの必要性を強調し、こうした課題が「米国に有利な形で解決しない限り合意しない」と中国側の譲歩を迫った。

 ライトハイザー氏は、米中両政府が知的財産権侵害など中国の構造改革問題などについて110~120ペー…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです