メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベア妥結額、前年割れ相次ぐ 春闘・集中回答日 先行き懸念影響 

ベアの妥結額が書き込まれる金属労協のホワイトボード=東京都中央区で2019年3月13日午前11時51分、根岸基弘撮影

 2019年春闘は13日、主要企業の集中回答日を迎えた。米中貿易摩擦の激化による日本経済への先行き懸念を背景に、例年以上に厳しい労使交渉が続き、トヨタ自動車は最終攻防を集中回答日当日に持ち越す異例の展開となった。基本給を底上げするベースアップ(ベア)の妥結額は、前年割れが相次いだ。

 自動車や電機などの労働組合で構成する金属労協本部(東京都中央区)では、午前10時半ごろから各企業の回答結果がホワイトボードに書き込まれた。

 例年、春闘の相場形成のけん引役となってきた自動車労組は、ベア額の統一要求を見送った。トヨタ労組はベ…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. 天皇陛下即位パレード 11月10日午後3時からに延期 予備日は設けず

  4. 台風19号で橋流出 JR鉄橋歩き命つなぐ 福島・矢祭町

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです