メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春闘、賃上げしぼむ 景気下押し、消費増税に影響も 集中回答日

 2019年春闘は13日、主要企業の集中回答日を迎えた。多くの企業が6年連続で賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)を実施するものの、中国経済の減速など景気の先行きへの懸念から、上げ幅は前年実績を下回る企業が相次いだ。今春闘で経団連は、政府が企業に賃上げを呼び掛ける「官製春闘」からの脱却を打ち出したものの、賃上げの勢いはしぼんでいる。

 春闘相場をけん引してきた自動車業界では、トヨタが全組合員平均で前年より1000円低い1万700円の…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです