メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英、修正案否決の可能性 「合意なき」EU離脱回避、綱渡り

記者会見するメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長=フランス東部ストラスブールで11日、AP

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英下院は12日夜(日本時間13日早朝)、英国とEUが11日深夜に取りまとめた新たな離脱合意案を採決する。英国がEUの関税区域に残る期間を一時的とする付属文書を追加した案だが、離脱強硬派は採決前に反対意見を表明し否決される可能性が高まった。否決されれば、14日までに「合意なき離脱」と「3月末の離脱延期」について相次いで採決することになる。

 新たな離脱合意案は、昨年11月の離脱合意案本文をそのまま維持する一方で、英国側の求めに応じ、法的拘…

この記事は有料記事です。

残り838文字(全文1096文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです