メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グアイド氏「責任はマドゥロ大統領に」停電関与容疑の捜査開始で ベネズエラ

集会で演説するベネズエラのグアイド国会議長=カラカスで2019年3月12日、山本太一撮影

 【カラカス山本太一】南米ベネズエラの検察は12日、7日に始まった過去最大規模の停電を起こした疑いがあるとして、暫定大統領就任を宣言した野党指導者グアイド国会議長への捜査を開始したと発表した。検察は内政問題に外国政府が介入するのを支援した疑いでグアイド氏を捜査しており、容疑を追加して圧力を強めた形だ。

 これに対し、12日に首都カラカスでの集会で演説したグアイド氏は「全世界が破壊行為者が誰なのかを知っ…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文560文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです