メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タリバンと米国、アフガン和平草案で一部合意 米軍の撤退時期は決着せず

 【ワシントン古本陽荘、ニューデリー松井聡】内戦下のアフガニスタンで旧支配勢力タリバンと和平交渉を進める米政府のハリルザド・アフガン和平担当特別代表は12日、ドーハで行ったタリバンとの協議で、和平実現に向けた草案の一部で合意した、とツイッターで明らかにした。

 ハリルザド氏は、和平実現には(1)テロ対策での協力(2)アフガンからの米軍撤収(3)アフガン国内での対話(4)包括的停戦――の4分野で合意が必要と説明。今年1月の協議で4分野とも「大筋合意」したと明かし、今回の協議では(1)と(2)につい…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです