メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過去最長207日 裁判員「参加意義」を強調、社会の理解訴え

取材に応じた裁判員経験者の2人=兵庫県姫路市内で、待鳥航志撮影

 初公判から判決までの期間が過去最長となった昨年の神戸地裁姫路支部の裁判員裁判で、裁判員を務めた女性2人が毎日新聞の取材に応じた。207日間に及ぶ裁判に向き合うため、1人は退職、1人は仕事の時間を夜に振り替えた。裁判員裁判導入から5月で10年。2人は「市民が裁判に参加することには意義がある。社会の理解が深まってほしい」と話す。

 男性3人に対する殺人などの罪に問われた男の裁判は、争点や証人の多さから審理が長期化。辞退者が増える…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです