メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性暴力被害者のためにも市販薬化を 「緊急避妊薬入手しやすく」求め集会

集会には約100人が参加し、関心の高さがうかがえた=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2019年3月12日、中川聡子撮影

 性交後に飲むと妊娠を高い確率で防ぐ効果がある緊急避妊薬(アフターピル)について、産婦人科医や性教育、性暴力の問題に取り組む専門家らが12日、東京都千代田区の衆院第1議員会館で集会を開き、緊急避妊薬の市販薬化など、入手しやすい環境を整備するよう国に求めた。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 集会には約100人が参加し、産婦人科医の遠見才希子さん、避妊法の普及啓発に取り組む「#なんでないの」プロジェクト代表で国際基督教大4年の福田和子さん、性教育に取り組むNPO「ピルコン」理事長の染矢明日香さんらが講演した。

 遠見さんは、日本の避妊法がコンドーム中心で失敗も多いことや、女性が毎日飲めばほぼ避妊できる低用量ピルが避妊目的だと保険適用外になることを問題視し「日本では女性が子供を産むか産まないか、どういう性生活を送るかについての自己決定権が守られているか疑問だ。選択肢が少なすぎる」と指摘した。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです