メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性暴力被害者のためにも市販薬化を 「緊急避妊薬入手しやすく」求め集会

集会には約100人が参加し、関心の高さがうかがえた=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2019年3月12日、中川聡子撮影

 性交後に飲むと妊娠を高い確率で防ぐ効果がある緊急避妊薬(アフターピル)について、産婦人科医や性教育、性暴力の問題に取り組む専門家らが12日、東京都千代田区の衆院第1議員会館で集会を開き、緊急避妊薬の市販薬化など、入手しやすい環境を整備するよう国に求めた。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

女性の自己決定権が守られているか

 集会には約100人が参加し、産婦人科医の遠見才希子さん、避妊法の普及啓発に取り組む「#なんでないの」プロジェクト代表で国際基督教大4年の福田和子さん、性教育に取り組むNPO「ピルコン」理事長の染矢明日香さんらが講演した。

 遠見さんは、日本の避妊法がコンドーム中心で失敗も多いことや、女性が毎日飲めばほぼ避妊できる低用量ピ…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです