メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

その名も「ほなやろ課」 障害者雇用、積極的に LCCピーチ

手話を交え、仕事の話をするピーチ・アビエーションほなやろ課の黒木均課長(左)と安藤紘子さん(手前右)=関西国際空港で2019年2月19日、平川義之撮影

 関西国際空港を拠点にする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが、特別支援学校からの転職組の経験を生かし、障害がある人の雇用を進めている。その名も「ほなやろ課」。「障害がある人もない人も一緒に気軽に働けるように」との思いを込め、昨年9月に発足した。サポート役の同僚と一緒に個々の特徴を生かした働き方を見つけ、空の旅を支える「戦力」になっている。

 1日で就航7周年を迎えた同社。オフィスには課の仕切り壁はなく、座る席も決まっておらず、多様な経歴や国籍の社員がともに働く。そんな中に、ほなやろ課はある。課長以下、障害者15人を含む19人体制。障害者雇用促進法が定める障害がある人の雇用率は、操縦士や客室乗務員数を含めても3%(2月1日現在)に達し、民間企業や国・地方公共団体の基準(2.2~2.5%)よりも高い。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1114文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです