メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

その名も「ほなやろ課」 障害者雇用、積極的に LCCピーチ

手話を交え、仕事の話をするピーチ・アビエーションほなやろ課の黒木均課長(左)と安藤紘子さん(手前右)=関西国際空港で2019年2月19日、平川義之撮影

 関西国際空港を拠点にする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが、特別支援学校からの転職組の経験を生かし、障害がある人の雇用を進めている。その名も「ほなやろ課」。「障害がある人もない人も一緒に気軽に働けるように」との思いを込め、昨年9月に発足した。サポート役の同僚と一緒に個々の特徴を生かした働き方を見つけ、空の旅を支える「戦力」になっている。

 1日で就航7周年を迎えた同社。オフィスには課の仕切り壁はなく、座る席も決まっておらず、多様な経歴や…

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1114文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです