その名も「ほなやろ課」 障害者雇用、積極的に LCCピーチ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
手話を交え、仕事の話をするピーチ・アビエーションほなやろ課の黒木均課長(左)と安藤紘子さん(手前右)=関西国際空港で2019年2月19日、平川義之撮影
手話を交え、仕事の話をするピーチ・アビエーションほなやろ課の黒木均課長(左)と安藤紘子さん(手前右)=関西国際空港で2019年2月19日、平川義之撮影

 関西国際空港を拠点にする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが、特別支援学校からの転職組の経験を生かし、障害がある人の雇用を進めている。その名も「ほなやろ課」。「障害がある人もない人も一緒に気軽に働けるように」との思いを込め、昨年9月に発足した。サポート役の同僚と一緒に個々の特徴を生かした働き方を見つけ、空の旅を支える「戦力」になっている。

 1日で就航7周年を迎えた同社。オフィスには課の仕切り壁はなく、座る席も決まっておらず、多様な経歴や国籍の社員がともに働く。そんな中に、ほなやろ課はある。課長以下、障害者15人を含む19人体制。障害者雇用促進法が定める障害がある人の雇用率は、操縦士や客室乗務員数を含めても3%(2月1日現在)に達し、民間企業や国・地方公共団体の基準(2.2~2.5%)よりも高い。

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1114文字)

あわせて読みたい

注目の特集