一転「インスタ映え」 寝転び巨大なこけしバルーン、話題に 京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市左京区のロームシアター京都の敷地内に巨大なこけしのバルーンが寝転び、「インスタ映えする」とインターネット上で話題になっている。期間限定で展示中のアート作品で、元々は立てる予定だったが、市の条例が定める風致地区で景観への配慮が必要として寝かされた。珍しい姿が注目される一方、作者からは「条例があいまいだ」と疑問の声も上がっている。

 京都工芸繊維大出身の木崎公隆さん(39)と京都造形芸術大出身の山脇弘道さん(35)のアートユニット「Yotta(ヨタ)」が2011年に制作。名前は「花子」で全長12.5メートル。「おなかすいたね」「頑張ってね」などと音声も発する。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文886文字)

あわせて読みたい

注目の特集