メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

透析中止・夫の手記全文 まさか「死ぬための入院」だなんて…

女性のスマホの画面。死の前日の昨年8月15日に「何時来るの?」と夫に付き添いを催促。容体が悪化した翌16日午前7時50分、「とう(父)たすけて」と読めるメールを送ったのが最後になった=2019年2月10日午前8時43分、東京都内で斎藤義彦撮影

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療を巡る問題で、亡くなった腎臓病患者の女性(当時44歳)の夫(51)が毎日新聞に手記を寄せた。全文は次の通り。

駆けつけたら既に決まっていた

 私は現在51歳で、妻は昨年8月16日に44歳で亡くなりました。付き合い始めて30年、いなくなるなんて考えたこともありませんでした。仕事をしている時は、まだいいんです。でも、ふとした瞬間に妻を思い出します。それが何よりつらいです。

 妻は週3日、私が送り迎えをし、別の診療所に透析に通っていました。公立福生病院の腎臓病総合医療センタ…

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1907文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  2. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  3. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」
  4. 加藤浩次さん「気持ちは決まっている」「まだごまかそうと」吉本社長会見を批判
  5. 岡本社長、ギャラ配分「5対5から6対4」発言に芸人「ウソだろ…」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです