メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真備復興商店街、14日から一部営業 西日本豪雨被災の5店入居

完成した復興商店街。14日に一部店舗で営業がスタートする=岡山県倉敷市真備町で2019年3月13日午前11時35分、戸田紗友莉撮影

 昨年7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害を受けた岡山県倉敷市真備(まび)町地区に仮設の「復興商店街」が完成し、14日に一部で営業が始まる。元の店舗が被災した5店が入居し、2年間の期限付きで営業する。

 復興商店街は2月末、市が国の助成金を使って整備した。真備町地区の中心部にある市立文化施設の駐車場に建設され、プレハブ平屋建て約260平方メートル。内部に5区画があり、市に応募した薬…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです