メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック社食で食中毒、107人症状 ノロウイルス検出

パナソニックのロゴマーク=同社提供

 大阪府は13日、大阪府門真市のパナソニックの社員食堂で食事をした同社社員ら107人(23~58歳)が下痢や嘔吐(おうと)などの症状を訴え、うち31人の便からノロウイルスが検出されたと発表した。食堂の調理従事者9人からもウイルスが検出された。

 食堂の料理が原因の集団食中毒とみられ、府守口保健所はこの食堂を13日から4日間の営業停止とした。

 府によると、1日未明から2日夜にかけて発症が相次ぎ、全員快方に向かっているという。【岡崎英遠】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです