春の旅立ちまもなく サケの稚魚9万匹、水槽で元気いっぱい 札幌

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水槽の中を元気に泳ぎ回るサケの稚魚=札幌市南区の札幌市豊平川さけ科学館で2019年3月2日、竹内幹撮影
水槽の中を元気に泳ぎ回るサケの稚魚=札幌市南区の札幌市豊平川さけ科学館で2019年3月2日、竹内幹撮影

 札幌市豊平川さけ科学館(同市南区)で、春の訪れを待つサケの稚魚の群れが、水槽の中で元気に泳ぎ回っている。4月上旬から5月には計約8万~9万匹を数回にわけ、近くを流れる豊平川支流の真駒内川に放流する。

 稚魚は昨年10月に受精し、大きいもので4センチ程度。放流時は約5センチに成長する予定で、同館の佐藤…

この記事は有料記事です。

残り62文字(全文212文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集