メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の旅立ちまもなく サケの稚魚9万匹、水槽で元気いっぱい 札幌

水槽の中を元気に泳ぎ回るサケの稚魚=札幌市南区の札幌市豊平川さけ科学館で2019年3月2日、竹内幹撮影
水槽の中を元気に泳ぎ回るサケの稚魚=札幌市南区の札幌市豊平川さけ科学館で2019年3月2日、竹内幹撮影

 札幌市豊平川さけ科学館(同市南区)で、春の訪れを待つサケの稚魚の群れが、水槽の中で元気に泳ぎ回っている。4月上旬から5月には計約8万~9万匹を数回にわけ、近くを流れる豊平川支流の真駒内川に放流する。

 稚魚は昨年10月に受精し、大きいもので4センチ程度。放流時は約5センチに成長する予定で、同館の佐藤信洋主任(46)は「大切に育てた稚魚たち。また元気に戻ってきてほしい」と話す。水槽では5月6日まで稚魚を見られる。【竹内幹】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです