「先生に相談できるようになって」マンション踊り場にメモ十数枚 小6女児2人死亡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する鈴木直樹・豊田市教委学校教育課長(左)=同市役所で2019年3月13日、中島幸男撮影
記者会見する鈴木直樹・豊田市教委学校教育課長(左)=同市役所で2019年3月13日、中島幸男撮影

 愛知県豊田市のマンション敷地内で12日夜に倒れているのが見つかり、搬送先病院で死亡が確認された女児2人は、ともに12歳で同じ豊田市立小学校の6年生だった。クラスは別だが仲が良かったという。現場に遺書のような十数枚のメモがあったことなどから、県警豊田署は2人が自殺したとみている。

 メモには死亡した1人が悪口を言われたと読み取れる記述があることが捜査関係者への取材で判明した。豊田市教育委員会は「現時点でいじめを把握していないが、慎重に調査する」としている。

 豊田署によると、2人は12日午後7時ごろ、15階建てマンション敷地内で倒れているのが見つかった。このマンションに女児2人の自宅はない。現場にランドセルは見当たらず、豊田署は2人がいったん帰宅した後に、このマンションを訪れたとみている。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文865文字)

あわせて読みたい

注目の特集