メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

逮捕の決め手はリレー捜査 「所沢ナンバー」防犯カメラで追う アポ電強盗殺人

加藤さんの遺体が見つかったマンション=東京都江東区で2019年2月28日午後3時50分、藤井達也撮影

 東京都江東区で加藤邦子さん(当時80歳)が殺害された事件で、警視庁捜査1課は男3人を強盗殺人容疑などで逮捕した。容疑者らを浮上させたのは、現場から逃走経路の防犯カメラ画像をたどる「リレー捜査」だった。【春増翔太、山本佳孝、土江洋範】

 捜査関係者によると、加藤さんが殺害されたとみられる2月28日午前11時半ごろ、現場マンションの防犯カメラには急いで建物を出る3人組の男の姿が映っていた。男らは近くに止められていた所沢ナンバーの軽自動車に乗り込むと、一方通行の道を逆方向に走り去った。

 捜査1課が付近の防犯カメラを集めると、車は第一京浜道路を通って神奈川県内へ向かっていたことが判明した。また黒ずくめの格好をしていた男らが途中で服を着替えていたことも分かった。捜査1課はこうした防犯カメラでの追跡を基に、須江拓貴容疑者(22)、小松園竜飛容疑者(27)、酒井佑太容疑者(22)を割り出したという。小松園容疑者は13日夕、川崎市内の自宅に戻ってきたところを逮捕された。

 特殊詐欺に特有の手口とされてきた「アポ電」(アポイントメント電話)が、強盗という凶悪事件に使われていた可能性がある今回の事件。特殊詐欺グループが途中で強盗に切り替えたのか、最初から強盗目的のグループがアポ電を使ったのかは分かっていないが、その手口は世間を震撼(しんかん)させた。

 「明日は我が身と思って怖かったので、次の事件が起きる前に捕まって良かった。警察には背景も含めて解明してほしい」。13日夜、容疑者逮捕の報に接した江東区の70代女性は話した。加藤さんとは同じ歌唱サークル仲間。事件後は、病を患いながら歌を楽しむ加藤さんを思い出し「なぜ犠牲にならなくてはいけなかったのか」と感じていたという。

 加藤さんと同じマンションに住む女性(78)は事件後、施錠やインターホンの確認に以前より注意するようになった。「うちにも数年前に息子やめいを名乗って金を要求する電話があった。男3人に押し入られたら抵抗できないし、怖い思いをした加藤さんが気の毒でならない」と声を落とした。

小松園容疑者の祖父「信じられない」

警視庁深川署に入る小松園竜飛容疑者(中央)=東京都江東区で2019年3月13日午後6時50分、丸山博撮影

 小松園竜飛容疑者の祖父は13日夜、毎日新聞の取材に「そんなことをする子ではない。信じられない。成人式から会っていないが、素直で優しい子だった」と語った。

 13日夜、川崎市にある小松園容疑者の自宅アパートは、ベランダに洗濯物が干されたままになっていた。同じアパートに住む男性(52)は「時々、夜中に大きな話し声が聞こえることがあった。話題になっていた事件で逮捕されるとは驚いた」。60代女性は「職人風の方で、あいさつを交わしたこともある。特に変わった印象はなかった」と話した。

 近所の主婦(51)は昨年末ごろ、夜中に帰宅する小松園容疑者を見かけたという。「泥酔していて言葉遣いが荒かったので怖かった。トラブルにならなければいいと思っていた」と振り返った。

 小松園容疑者が以前勤務していたという工事会社の関係者は「数年前に急に来なくなり、連絡が取れなくなった。二日酔いで仕事を休むこともあったが、明るく、常識のある人間と思っていた」と話す。【金子淳、鈴木理之、中村紬葵】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです