メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

村松 友視・評『月夜に傘をさした話』『今戸心中』

音読で作品の内側に入り込み、その魅力を堪能した懐かしい小説

◆『月夜に傘をさした話 正岡容単行本未収録作品集』正岡容・著(幻戯書房/税別5500円)

◆『今戸心中 他二篇』広津柳浪・著(岩波文庫/税別560円)

 正岡容(いるる)……なつかしいといえば大袈裟(おおげさ)ながら、次郎長ゆかりの清水みなと(静岡県清水市)で祖母との二人暮らしで少年期を過ごした私は、広沢虎造の「次郎長伝」にご当地ソングのごとく馴染(なじ)みつつ、虎造の軽妙さの対岸にあるような正岡容作・玉川勝太郎が演じるところの「天保水滸伝」にも興味をいだいていたのだった。

 しかしその正岡容が、十九歳で発表した小説を芥川龍之介に絶賛された件、敬愛する永井荷風にならって高座…

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1638文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  4. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る
  5. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです