メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『悲観する力』森博嗣・著

悲観は、しなやかなリスクマネジメント

◆『悲観する力』森博嗣・著(幻冬舎新書/税別800円)

 人気作家として不動の地位を築いた著者による、「悲観のすすめ」である。著者によれば、現代社会は〈ある意味で、「楽観」に取(と)り憑(つ)かれている状態〉にある。実際、平和で豊かになって、物事は想像した通りに問題なく進むと楽観視しやすくなった分、「願えばかなう」「なるようになる」など、過剰な楽観が蔓延(まんえん)している。 悲観は、どうせだめだというあきらめや、くよくよ考え込む後ろ向きな気分とされやすいが、著者が説く「悲観」は、何事にもエラーやトラブルはつきものだと端(はな)から想定して、そうならないようにリスク回避をする、あるいはそうなったとしてもリスクを最小限にとどめようとする思考を指す。

 健康に当てはめると、わかりやすい。健康には自信があるという楽観は、検診や予防接種などを軽く見ること…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  3. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  4. ラグビーW杯 ナミビア人親子に密着 台風で中止「日本は完璧主義」

  5. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです