メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『歴史という教養』片山杜秀・著

自由に生きる糧となる学びを自ら求めていく

◆『歴史という教養』片山杜秀・著(河出新書/税別800円)

 本書は真の「歴史教養書」である。「教養書」とは「人が自由人になって自由な視野を持って世の中をこぎわたっていけるようにするための書物」のことであるから、「歴史教養書」は個別具体的な本の謂(いい)ではなく、「歴史を知ることで、現在未来をおのれが自由に生きられる術を手にする本」である。

 著者の片山さんは人並み外れた叡知(えいち)をたたえ、いつも「幅広く、かつ深く」考えている人である。…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです