メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『ほとほと 歳時記ものがたり』高樹のぶ子・著

あり得なくても確かにある何か 人の情がそれを見せてくれる

◆『ほとほと 歳時記ものがたり』高樹のぶ子・著(毎日新聞出版/税別1600円)

 この本のキャッチコピーは、どうにも難しいだろうと思った。つまり新刊として書店に並んだ時に、ついお客が買いたくなるような文言をオビに書く技術だ。通常は編集者さんが作る。

 それにしても、本書は難しい。私だったらどう書くだろう。

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです