メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

NZ沖で海難事故のドイツ人男性、ジーンズを救命胴衣にし生還

 ニュージーランド沖で荒波を受け乗っていたヨットから投げ出されたドイツ人男性が、はいていたジーンズを膨らませて救命胴衣代わりにし無事生還した。写真は、海に浮かんで助けを待つ男性。Lowe Corporation Rescue Helicopter Service提供(2019年 ロイター)

[PR]

 [ウェリントン 12日 ロイター] - ニュージーランド沖で荒波を受け乗っていたヨットから投げ出されたドイツ人男性が、はいていたジーンズを膨らませて救命胴衣代わりにし無事生還した。

 アルネ・ムルケさん(30)が6日、NZ北島の東岸にあるトラガ・ベイを航行していたところ、ヨットのブーム(帆を下から支える支柱)が急に揺れ、海中に投げ出された。一緒に乗っていた兄弟が救命胴衣を投げ込んだがつかめず、波にもまれたムルケさんはどんどん流されていった。

 現地紙によると、ムルケさんは脱いだジーンズの裾を固く結び合わせ、水の外に出し空気を入れることで膨らませ、救命胴衣の代わりにした。およそ3時間後にヘリコプターにより救助された。

 ムルケさんは「ジーンズがなかったら、今日ここにはいないだろう。わたしの命を救ってくれた」と語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです