メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

浦和、敵地で貴重なスコアレスドロー…北京国安の猛攻を耐えしのぐ

情報提供:サッカーキング

浦和と北京国安の1戦はスコアレスドロー [写真]=Getty Images
 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループステージ第2節が12日に行われ、浦和レッズが敵地で北京国安と対戦した。

 浦和は興梠慎三とアンドリュ-・ナバウトが2トップを組む。一方の北京国安では中国史上最高額の移籍金で加入したFWセドリック・バカンブやブラジル代表MFレナト・アウグストらが先発メンバーに名を連ねた。

 中3日の試合となった浦和は序盤から主導権を握られ、防戦一方の展開となり、前半終了までにゴールに迫るシュートを放つことすらできなかった。

 後半に入り、MF阿部勇樹やFW杉本健勇を投入して改善を図ったが、流れを変えるまでには至らず。それでもGK西川周作を中心とした守備でゴールラインを割らせることなく、スコアレスドローで試合を終えた。

■スコア
北京国安 0ー0 浦和レッズ

■スターティングメンバー
浦和レッズ(3ー5-2)
西川周作;マウリシオ、槙野智章、岩波拓也;長澤和輝(63分 柴戸海)、エヴェルトン、橋岡大樹、宇賀神友弥、柏木陽介(81分 阿部勇樹);アンドリュー・ナバウト(72分 杉本健勇)、興梠慎三

【関連記事】
●川崎、途中出場の齋藤学が値千金の決勝弾…シドニーFCを1-0で下す
●本田圭佑がACL初ゴール! 左足で流し込み同点に追いつく
●本田圭佑が凱旋弾も…広島、東俊希&渡大生弾で競り勝ち今季ACL初白星
●昨季で引退の小笠原満男氏、鹿島のアカデミー・アドバイザーに就任「全てを注ぐ」
●C大阪FWがU23オーストラリア代表に選出「東京五輪に出場できるよう…」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです