米ボーイング

737MAX、米も運航停止 客室乗務員労組が要求

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕】トランプ米大統領は13日、エチオピアで墜落事故を起こした米航空機大手ボーイングの新型旅客機「737MAX8」について、米国での運航を停止すると表明した。米連邦航空局(FAA)は同型機のシステム改良の義務付けにとどめる方針だったが、欧州連合(EU)やカナダなど世界各国で運航停止の動きが広がるなか、米国でも踏み込んだ措置が必要と判断した模様だ。

 エチオピア航空の737MAX8は10日に乗員乗客157人全員が死亡する墜落事故を起こした。昨年10月にはインドネシアの格安航空会社(LCC)ライオンエアの同型機がジャカルタ沖で墜落していた。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文656文字)

あわせて読みたい

注目の特集