メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

日本人は議論が嫌い? 敵対意見は無視、広がり 作家の曽野綾子さん、小谷野敦さんに聞く

衆院予算委員会で19年度予算案が可決され、野田聖子委員長(右端)に野党議員が抗議する中、一礼する安倍晋三首相(中央)ら。面白い国会を期待するのは無理なのか=国会内で1日、川田雅浩撮影

 国会をはじめ面白い議論を目にする機会がほとんどない。「日本人は議論下手」という説があるが、そもそも私たちは議論が嫌いなのではないか。歯に衣(きぬ)着せぬ文章を書いてきた作家、曽野綾子さん(87)と小谷野敦さん(56)に「議論」論を聞いた。【藤原章生】

 2月末、衆議院予算委員会の質疑をじっくり聞いてみた。主なテーマは厚生労働省の統計不正問題だったが、思わず聴き入ってしまう議論は絶無に近かった。そもそも安倍晋三首相ら政府側には議論する気がないようだった。用意された文書を読むだけでは議論にならない。野党も議論を促す工夫や気概が足りないように見えた。立憲民主党の枝野幸男代表の話は面白いのだが、政府側がまともに答弁しないと諦めているのか、質問をほとんどせず演説に終始した感じだ。他の野党議員も小出しに問いかけながら相手の矛盾をさらけ出すというより、政府側に強気で迫るポーズを見せる下手なショーという印象だった。

 そんな話を曽野さんにぶつけると、「国会中継はまず見ない」と返ってきた。「あれはテアトロ(劇場)で、…

この記事は有料記事です。

残り2525文字(全文2980文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです