メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

対談 石田衣良×深緑野分 今、戦争を描く意味

石田衣良さん=根岸基弘撮影

 石田衣良さんが初めて挑んだ戦争小説『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲』(毎日新聞出版)が刊行された。1945年3月10日の東京大空襲までの4日間の物語だ。そこで、欧州戦線を描いた『戦場のコックたち』(2015年)『ベルリンは晴れているか』(18年)が相次いで直木賞候補となり注目される作家、深緑野分さんを迎え、なぜ戦争を描くのか、現代に戦争を描く意味などについて語り合ってもらった。【構成・内藤麻里子、写真・根岸基弘】

 石田 僕の母は東京大空襲の時、第七高女(現東京都立小松川高校)の女学生だった。真夜中に空襲警報でた…

この記事は有料記事です。

残り2993文字(全文3257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです