メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

対談 石田衣良×深緑野分 今、戦争を描く意味

石田衣良さん=根岸基弘撮影

 石田衣良さんが初めて挑んだ戦争小説『不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲』(毎日新聞出版)が刊行された。1945年3月10日の東京大空襲までの4日間の物語だ。そこで、欧州戦線を描いた『戦場のコックたち』(2015年)『ベルリンは晴れているか』(18年)が相次いで直木賞候補となり注目される作家、深緑野分さんを迎え、なぜ戦争を描くのか、現代に戦争を描く意味などについて語り合ってもらった。【構成・内藤麻里子、写真・根岸基弘】

 石田 僕の母は東京大空襲の時、第七高女(現東京都立小松川高校)の女学生だった。真夜中に空襲警報でた…

この記事は有料記事です。

残り2993文字(全文3257文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです