連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

「緑のテーブル」 反戦への思い、つなぐ縁 スターダンサーズ・バレエ団が再演へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 戦争と平和の真実をえぐり出した現代舞踊の金字塔「緑のテーブル」を、スターダンサーズ・バレエ団が上演する。ナチスの軍靴が響き始めた1932年の作で、振付家クルト・ヨースは翌年、ドイツからの亡命を余儀なくされたという問題作。バレエ団総監督の小山久美は「戦後70年(2015年)の上演を考え、交渉の結果、平成の終わりというタイミングになりました。きな臭さが増す今、ダンスが何を語るのかを問いたい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1112文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集