メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外朝乃山が初優勝 三役未経験58年ぶり
ちばの底力

ぬれ煎餅発祥・柏屋米菓手焼本舗 炭と手焼きにこだわり /千葉

 銚子市の銚子漁港近くの住宅街の中で3代、100年以上にわたって、煎餅を焼き続けてきた。今や銚子名物となったぬれ煎餅はこの店が発祥だ。

 店を切り盛りするのは3代目店主の横山俊二さん(54)。朝8時過ぎから午後2時ごろまで、備長炭が燃えるいろりの前に座る。格子の上に煎餅を置き、手慣れた動作で裏返しながらキツネ色に仕上げていく。1日に焼くのは約300枚。1分に1枚を仕上げる勘定だ。市内には7店の煎餅製造業者があるが、全て手焼きは同店だけという。

 「炭でないと、独特の香ばしさが出ないんです」と横山さん。煎餅にむらなく火を通すことを大切にしており…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  3. 安倍首相、トランプ氏を六本木の炉端焼きで接待へ
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです