メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきもの便り

鳥羽水族館 赤ちゃん誕生期待、仲良しのセイウチ /三重

 少子化という言葉をよく耳にしますが、水族館の動物も例外ではありません。国内で飼育されている26頭のセイウチのほとんどは野生由来のもので、近年、取引価格が高騰しており、子孫を残すために飼育園館同士が連携して動物の貸し借りを行っています。

 鳥羽水族館にも、大分マリーンパレス水族館うみたまごから1頭のセ…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです