愛知川

ドローンで測量 最新研究を紹介 東近江で24日まで /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「愛知川の最新研究を見に来てさわろう」と話す、調査を担当した小倉拓郎さん=滋賀県東近江市横溝町の「西堀榮三郎記念探検の殿堂」で、蓮見新也撮影
「愛知川の最新研究を見に来てさわろう」と話す、調査を担当した小倉拓郎さん=滋賀県東近江市横溝町の「西堀榮三郎記念探検の殿堂」で、蓮見新也撮影

 鈴鹿山系から湖東地方を流れて琵琶湖に至る1級河川、愛知川の最新研究がわかる企画展示が、東近江市横溝町の博物館「西堀榮三郎記念探検の殿堂」で開かれている。24日まで。

 県や東京大などの研究者らが昨年4月から2カ月に1度、ドローンを使って調査。蓄積したデータから、現地調査した河床の形状、砂利の質などを、写真や実物、3Dプリンターで再現して展示した。50年前には、アユの魚影で愛知川が黒っぽくなるほどだ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

ニュース特集